×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク



「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術

不妊症とは

不妊症であるという定義は、子どもを希望して正常な夫婦生活を2年以上続けていても妊娠しない状態のこととされています。 子どもを望む正常な夫婦のうち80%は1年以内に妊娠し、残る20%のうちの半数は2年以内に妊娠すると言われますが、残りの10%、つまり全体の1割は2年以上たっても妊娠しない不妊症ということになります。 しかし、現代では初婚年齢が上昇し、出産年齢も上がっていることから必ずしも2年経ってから不妊治療を始める必要はなく、30歳以上で子どもを望んでいても1年以上妊娠しない場合は早めに産婦人科を受診するといいでしょう。

不妊の原因

不妊の原因には、排卵障害や卵管障害、子宮頸管障害、着床障害などの女性因子と造精障害、精路通過障害などの男性因子があります。不妊症の原因は女性側、男性側にあるものが3分の1ずつ、両方の原因によるものが3分の1あると言われています。 このように、男女どちらの側に不妊の原因が多いということはありません。何が原因で不妊であるのかを判断するためには夫婦揃って病院を訪れるようにしましょう。

病院に行かずに妊娠する方法
このページのトップへ
スポンサードリンク
排卵日を知る
基礎体温グラフで排卵日を計算
人気おすすめ婦人体温計の比較
排卵検査薬で排卵日を知る
排卵時の症状・排卵痛
排卵時のおりもの
排卵出血とは?
不妊症の原因と症例
不妊の原因
排卵障害とは
卵管障害とは
子宮頸管障害とは
着床障害とは
排卵障害
月経前症候群
月経周期の数え方
無排卵月経
高プロラクチン
黄体機能不全
多嚢胞性卵巣
卵管障害
卵管癒着の症状
卵管通水検査の費用
卵管通水検査は痛い?
子宮頸管障害
子宮頸管ポリープ
子宮頚管粘液不全
子宮頸管の長さが短い
着床障害
妊娠検査薬の反応、使用時期
着床出血
子宮筋腫
子宮内膜症
クラミジア感染の症状・検査・治療
クラミジア感染の潜伏期間・薬
免疫性不妊
抗精子抗体の症状・治療・原因
排卵誘発剤・注射の副作用
OHSSの症状・治療
不妊治療
不妊治療の検査の流れ
タイミング療法
人工受精の方法
人工受精の成功率
人工受精の費用・保険
人工受精の体験談
体外受精の方法・成功率
体外受精の採卵
体外受精の体験談
体外受精の費用・保険
男性不妊について
男性不妊の原因
男性不妊の治療・検査
男性不妊のサプリ・漢方